スペイン語の資格試験 DELE A1レベルの傾向と対策

DELE A1で求められるレベルは?

DELE A1で求められるレベルは、
「Mi nombre es~.(私の名前は~です。)」
「Yo soy de Japón.(私は日本出身です。)」
などの簡単な自己紹介や会話をすることができ、趣味や家族構成などの簡単な内容について質問をしたり応えることができる状態です。

A1では、稀に未来形や一部の目的各代名詞が出てくることはありますが、動詞の現在形の知識があれば合格することは可能です。
例)Te doy mi libro(私の本を君にあげます。) ※Dar(与える)の1人称現在形

DELE A1レベル合格に必要な得点は?

試験は読み書きと会話表現の2つのパートに分かれます。

過去の試験では、
Grupo1 読解45分25点、記述表現25分25点
Grupo2 リスニング20分25点、口頭表現15分25点
となっており、双方のGrupoで30点以上得点(60点以上)すれば合格です。

しかし、どちらかのGrupoが30点以下であれば、合計60点以上でも不合格です。

DELE A1レベル試験の傾向は?

DELE A1の試験では、4つの能力を総合的に試されます。

①Comprensión de lectura(読解)
②Expresión e interacción escrita(作文)
③Comprensión auditiva(リスニング)
④Expresión e interacción oral(会話表現)

また、全世界で共通の問題が出題されるため、問題文は全てスペイン語で表記されています。

①Comprensión de lectura(読解)

読解は、全部で5つのTareaがあります。

Tarea1では、7つの問題文と10の選択肢を読み、問題文に対応する文章を選びます。
Tarea2では、友人に宛てて書いたメールを読み、5つの質問に3択で回答します。
Tarea3では、6つの広告文を読み、広告に続く正しい文章を6つの選択肢の中から選びます。
Tarea4では、求人に関する7つの文章を読み、それに続く正しい文章を10の選択肢の中から選びます。
Tarea5では、観光に関する6つの文章を読み、空欄に入る正しい単語を3択で選び回答します。

②Expresión e interacción escrita(作文)

作文は、全部で2つのTareaがあります。

Tarea1では、仮の申し込み用紙に自身の名前や性別などの情報を正しく記入します。
Tarea2では、招待状や手紙、電子メールなどで使われるような文章を作成します。

③Comprensión auditiva(リスニング)

リスニングは、5つのTareaがあり、放送はそれぞれ2回づつ流れます。

Tarea1では、放送を聞き、7つの質問に4択で選び回答します。
Tarea2では、25秒間で質問文を読み、放送で流れるニュースを聞き回答します。
Tarea3では、7つの音声メッセージを聞き、メッセージに関係のある文章を6つの中から選びます。
Tarea4では、電話での会話を聞き、20個の問いに当てはまる答えを25個の選択肢の中から選びます。
Tarea5では、2人の男女の会話を聞き、質問に対する正しい写真5枚を8個の選択肢の中から選びます。

④Expresión e interacción oral(会話表現)

会話表現は、試験官と一対一のインタビュー形式です。
試験開始前に15分程度の準備時間が与えられます。
事前に意見や考えなどをメモすることができますが、試験中にメモを見ることはできません。

会話表現は、全部で4つのTareaがあります。

Tarea1では、自身のことに関してなど5つのテーマの中から1つ選びそれについて話します。(3~4分)
Tarea2では、試験官が提示した写真を見て、映っている景色や人物が何をしているのか、などについて説明します。(2~3分)
Tarea3では、Tarea2で説明した写真について試験官と簡単な会話をします。(2~3分)
Tarea4では、試験官からの質問に答え、その理由について述べる会話をします。(3~4分)

DELEの受験はどこで申し込むの?

DELE試験のお申し込みはこちらのページをご参照ください。

スパニッシモではどのようにDELE対策ができるの?

スパニッシモでは現在、DELE A1レベル合格のために必要不可欠な「会話表現」と「作文」に特化した対策コースを準備中です。
現在スパニッシモでご利用頂けるDELEの対策方法として、「フリーセッションコース」で学習して頂くことをお勧めいたします。

過去の生徒様が「フリーセッションコース」で実際に行っていたDELEの対策は、以下の方法が一般的です。

4技能のうちの「読解」と「リスニング」は生徒様ご自身で学習して頂き、「作文」と「会話表現」の対策にご利用頂いておりました。

生徒様でテキストをご用意頂き、「作文」では、レッスンまでにテキストにあるテーマについての文章を生徒様ご自身で作成し、
レッスン内で講師による添削と解説を行います。

「会話表現」では、レッスン内で、本番を想定した時間配分でテキストにあるテーマについて会話をします。
その後、文法や語彙に関しての改善点を解説します。

*20195月のDELE試験に向けて、3月よりDELE対策集中講座「DELE コーチングコース」を開講いたします。下のバナーをクリックして頂き、詳細をご確認ください!

スパニッシモのオンライン授業を体験してみませんか?

今なら1回50分の無料体験授業をご受講できます!登録は以下から!

いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと相談してみてはいかがですか?

DELE、SIELE対策などのご相談も承っております。

その他のレベルの傾向と対策について

スペイン語の資格試験 DELE A2レベルの傾向と対策

スペイン語の資格試験 DELE B1レベルの傾向と対策

スペイン語の資格試験 DELE B2レベルの傾向と対策

スペイン語の資格試験 DELE C1レベルの傾向と対策

スペイン語の資格試験 DELE C2レベルの傾向と対策

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください